前衛メロディックプログレユニット・キクラテメンシス

キクラテメンシス公式ブログ
by cichla
オフィシャルTumblrが完成
バンドのオフィシャルTumblrが完成!
こちらのブログの記事などもTumblrへ移行しています
今後、最新情報などはTumblrにて更新していきます
ぜひぜひ、チェックしてください


オフィシャルTwitterアカウントもできました!
こちらもフォローしてくださいね

[PR]
# by cichla | 2016-10-22 23:07 | News
キクラテメンシス フル体制ライブ 無事完了!
2016年10月02日(日) 吉祥寺シルバーエレファント
共演の皆様、関係スタッフ各位、お越しいただいた沢山のお客様
ありがとうございました!
次回のライブ等が決まりましたら、こちらでも報告いたします。

【セットリスト】
01 Doors(5つの扉)
02 The Ruin
03 空色のゼラニウム
04 三日月湖
05 人形と道化師(Puppets)
06 Frozen Wave
07 IBIS
En Doors(5つの扉) ※再演
b0174384_15162919.jpg
b0174384_15250775.jpg

[PR]
# by cichla | 2016-10-03 15:26 | News
復活ライブのレポートが届きました!
【宙を舞うハチドリの如きFlute、屈強変拍子リズム、加えてGtが魅せる幅と深みに】
 2016.7.9 吉祥寺シルバーエレファント Report by M.Shimizu
b0174384_18334514.jpg
CICLA TEMENSIS(キクラテメンシス:通称「キクラ」)を最後に観たのはいつだっただろう。最初に観たのは2010年。シルエレでのQUIとキキオンとのFlute対決だからもう6年経つんだね。

フロントの深沢晴奈さん(Flute)がJazz-Artistとしての活動をNYに移しキクラの活動は中断。。。そう約4年ぶりなのかな、、この間「国分巧プロジェクト」や”東西遠距離恋愛BAND”たる「Enciphers & Deciphers」でキクラの曲(国分オリジナル)が演奏されるのを観てはいたものの、キクラ本来の編成への想いは募り、LIVEを本当に本当に待望していた。

だから今年初めに新生キクラの活動がインフォされ、それもFluteにかずみんこと鈴木和美さん(内核の波、鵺、ニューアクション、FOCUSカバーバンド「FORTATSU」まで幅広く活動)の加入を知ったとき、驚きと期待で一気に一杯になった。
LIVEはいきなりキクラ代表曲の一つ「The Ruin」から。冒頭の幻想的なイントロからFluteが空間を。。。おや、その音の主は舞台から遥か、客席の更に後方。 フレーズを吹き終わっていざ舞台に。余りにも心憎い新フロント登場劇。
b0174384_20091666.jpg
ストイックでCOOLなリズム。じわじわと湧き上がる昂奮。そして新フロントのかずみんのFluteはこの難しいフレーズ、理不尽なるユニゾン(ベース、フルート、同期音源)を含む難曲を難なく吹いて。堂々たる存在感。そしてこのユニークな曲と音は大好きなスペインの「GOTIC」を思わせる。最高だ。曲が終わり、鳴りやまない拍手は本当にこのBANDが待たれていたかの証拠。

続く「Frozen Wave」無調的なフルートのイントロに導かれ、同期音源と強烈なべースリフ。一転、軽やかに駆け抜けるようなリズムと舞うようなフルート。そして畳かけるようにキメ。かずみんのプレイは特にその音色が大好きなのだが、リズムの切れと一つひとつのフレーズに込めた「念」、「ニュアンス」の素晴らしきは類を見ない。中間部での国分さんの見事なBassソロといい、見どころ聴きどころ満載。運動量尋常でなくこの曲の尺は7分足らず。勢い情報量、集中力ハンパない。
b0174384_20101935.jpg
キクラは既に2枚のアルバムを出しているが、既存曲にとどまらず3曲目は新曲を出してきた。ミニマルなシンセ系同期音源のイントロのリズムがそのまま曲の表情をキープしたままに。タイトルの「Puppets~人形と道化師~」そのままに、ややコミカルで、本当に人形がぎこちなくも愛らしく動いているさまのような曲想。

個々のプレイがどうのというよりも、いろんなフレーズ、マテリアル、断片から構成されたこの曲に向け一斉にテクニックを駆使して臨む3人。複雑に入り組む各パートがある種トリッキーに繋がれ、とにかく痛快で楽しい。Bassの力強さとフレーズが心地よく耳に残る。これは是非また聴きたい曲だ。ゲーム音楽的な面白さもあるので、その筋のファンにもウケるのではないだろうか。
b0174384_20112128.jpg
さて後半からはゲストにギタリスト加藤裕幸氏を迎えてカルテットでの演奏になった。④は「Doors」。事前情報チェック不十分でギター加入を知らなったので、一体どうなるのだろうか?と思っていたが、さすがに国分さんが目をつけただけあって、普通のロック系ギタリストにはない感性(ややJAZZ、フリー寄り)を持つ加藤氏はBANDの音との親和性が良く、ゆったりとしたテンポの曲で目立たぬながらの刻みとパワーコードでの厚み、そしてメランコリックな美メロでのかずみんとのハモりが心地良い。5分弱の小品ながら彼の参加で更にこの曲の魅力が倍化したと云えよう。
b0174384_20115875.jpg
LIVE終盤。5曲目「空色のゼラニウム」もまた新曲。旧曲だけにあきたらずBANDとして創造に向かわんとするこうした姿勢は大好きだ。仕掛けやキメはフクザツながら一貫して爽やかで平易なメロディー。
JPOPにも通じる一般性、聴きやすさ。しかし後半はJAZZ-ROCK(クリムゾン21st schMAN)的展開もあり、油断のならない楽しさ。。。こうして聴くとキクラの音ってテーマパーク的、おもちゃ箱的な意外性とアミューズメントな感触があるね。。
勿論本格派なんだけど。
b0174384_20081911.jpg
オーラスはやはりキクラファン待望の「IBIS」。Enciphers & Deciphers、国分巧プロジェクトでも一貫して演奏され続けてきた大曲。やや陰鬱に感じるイントロから徐々に調が変わって、仄明るい色調に変化していく和音。そして力強くロックなリフが循環する中間部。魅力が一杯詰まったこの曲の素晴らしさに触れ嬉しい。

また加藤氏のギターが加わることで更に幅と深みが出たのではないだろうか。ギターソロも所謂 ”お約束的ロックギター” なんかではなくフリーでその時々の音に反応しての閃きを感じてすごくいいと思った。

圧倒的なプレイの連続の末にFin.聴き足りずアンコールを求める拍手がいつまでも鳴りやまない。。。だが今日はココマデ、、新生キクラ。

次回のLIVEは10/2@シルエレ。それが早くも待ちきれないのだ。。
b0174384_20211788.jpg
国分巧‐Bass 鈴木和美‐Flute 野口雅彦‐Drums 加藤裕幸‐Guitar

【SETLIST】
01 The Ruin
02 Frozen Wave~凍てつく波~
03 Puppets~人形と道化師~(新曲)
04 Doors~5つの扉~
05 空色のゼラニウム(新曲)
06 IBIS

[PR]
# by cichla | 2016-07-19 20:23 | News
新生キクラ テメンシス ライブ動画公開!
新生キクラ テメンシス 「IBIS」フル演奏 ライブ動画



Flute-鈴木和美 Bass-国分巧 Drums-野口雅彦 Guitar-加藤裕幸
吉祥寺シルバーエレファント(2016年7月9日)

[PR]
# by cichla | 2016-07-19 20:15 | News
フル体制ライブ フライヤー完成!
10月のフル体制でのライブフライヤー完成!
4人の音魂が共鳴!変拍子度合いも高まる!
冒険心ある前衛アンサンブル 白熱ライブの予感!
素晴らしい共演バンド! 10月2日はプログレの聖地シルエレへ!
b0174384_20211788.jpg
2016年10月02日(日)
~PROGRESSIVE LIVE 2016~

キクラテメンシス
fl.鈴木和美(ex内核の波)
b.国分巧
dr.野口雅彦
g.加藤裕幸(from.Meine Meinung)
http://temensis.exblog.jp/

minoke?
b.カワグチヤスシ
dr.タカハシカツノリ
sax.カヤマコウセイ
key.セキドクニヒコ
http://www.d1.dion.ne.jp/~kosec/

Margaret Maggie
g.whistle.key.Tsuguharu "Nikolai" Otsu
vil.Tomoyo Tsuchida 
dr.per.Masaya Yamamoto
key.pf.Hanana Hata
b.Yutaro Horikiri
http://margaretmaggie.com/

ライブ情報詳細
http://www.silver-elephant.com/
[PR]
# by cichla | 2016-07-19 20:00 | News
Profile
キクラ テメンシス Cichla temensis
前衛 メロディック プログレ ユニット 淡水魚の名前が由来
b0174384_15162919.jpg

2006年 結成 フルート、ベース、ドラムという変則トリオ体制で始動
2008年 1st「another triangle」をPOSEIDON Vital Recordsよりリリース
2009年 2nd「affine space」をPOSEIDON Vital Recordsよりリリース
     横浜クロスゲートにてワンマン野外ライブ開催
2010年 イタリアのTrieste Summer Rock Festivalに出演
     Steve Hackett(ex ジェネシス)、Focus 等と共演を果たす
2012年 マネジメント事情等でバンド活動休止
2016年 フルートに鈴木和美(ex内核の波)を迎え新体制にて復活
     ギターに加藤裕幸(Meine Meinung)が合流しフル体制で始動

【第Ⅲ期】(2016~ )
鈴木 和美(Kazumi Suzuki)-Flute
加藤 裕幸(Hiroyuki Kato)-Guitar&Violin
国分 巧 (Takumi Kokubu)-Bass
野口 雅彦(Masahiko Noguchi)-Drums
b0174384_18333856.jpg

【第Ⅱ期】(2011~2012)
深沢 晴奈(Haruna Fukazawa)-Flute
国分 巧 (Takumi Kokubu)-Bass
野口 雅彦 (Masahiko Noguchi)-Drums
清水 未羽(Miu Shimizu)-Keyboard
b0174384_22113064.jpg

【第Ⅰ期】(2006~2011)
深沢 晴奈(Haruna Fukazawa)-Flute
国分 巧 (Takumi Kokubu)-Bass
野口 雅彦 (Masahiko Noguchi)-Drums
b0174384_18451739.jpg
◆POSEIDON Daily Newsでのバンド紹介
http://d.hatena.ne.jp/Poseidon/20090206

◆Cichla temensis Facebook page in English

[PR]
# by cichla | 2016-07-06 15:31 | Profile
Youtube
新生キクラ テメンシス 「IBIS」フル演奏 ライブ動画



Flute-鈴木和美 Bass-国分巧 Drums-野口雅彦 Guitar-加藤裕幸
吉祥寺シルバーエレファント(2016年7月9日) 

アルバム「affine space」収録「ALKALOID 」デモ演奏


Drums-野口雅彦 バックトラック(Flute-深沢晴奈 Bass-国分 巧)
撮影/録音:ヨコハマセーラスタジオ 2016

Trieste Summer Rock Festival 2010 ライブ動画


Flute-深沢晴奈 Bass-国分 巧 Drums-野口雅彦
イタリア トリエステ統一広場 2010

[PR]
# by cichla | 2016-07-06 15:30 | Youtube
Works
Works
1st Mini Album 「another triangle」 
b0174384_17494651.jpg
POSEIDON Vital Records VP-005
2008年1月発表
収録曲
1.Strings of tension
2.Changing dance
3.不思議絵 ~Mysterious picture~
4.The Ruin
5.三日月湖 ~Crescent lake~
6.知 覚 ~Chikaku~
通信販売はこちら(試聴可能)


2nd Mini Album 「affine space」
b0174384_17505790.jpg
POSEIDON Vital Records VP-012  
2009年2月発表
収録曲
1.Frozen Wave
2.Desertification
3.ALKALOID
4.Close to me
5.漆黒の空より (The thing from black sky)
通信販売はこちら(試聴可能)

Music Term通信販売(全国)の他
ワールドディスク、ディスクユニオン等でご購入、お取り寄せいただけます。

Review
★ワールドディスクにて「another triangle」レビュー掲載
★アイリッシュフルートinfomediaに「another triangle」レビュー掲載
★CDレビューミニコミ誌ROTTERS'PAPERに「another triangle」レビュー掲載
★THE OUTER SIDE OF J-PROGに「another triangle」レビュー掲載
★雑誌「CDジャーナル」に「another triangle」レビュー掲載
★レビュアー緑川とうせい氏のサイトに「another triangle」レビュー掲載
★和風プログレバンド「水鏡」の朝倉さんより「another triangle」作品レビュー
★雑誌「EURO-ROCK PRESS」Vol.36に「another triangle」レビュー掲載
★雑誌「ストレンジデイズ」5月号のコラムにて「another triangle」紹介
★P​r​o​g​r​e​s​s​i​v​e​R​o​c​k​A​d​d​i​c​tに「another triangle」レビュー掲載
★ひよりの音楽自己満足にて「another triangle」の紹介
★Ten-forward Music Blogにて「another triangle」レビュー紹介
★ののまる。さんのサイトで「another triangle」紹介
★ディスクユニオンにてCichla temensisの「another triangle」紹介
★レビューサイトCYBER WORLDにて「another triangle」紹介
★「PROGRESSIVE PSYCHEDELIC LOVERS」にて「another triangle」紹介
★ひよりの音楽自己満足にて「affine space」の紹介
★THE OUTER SIDE OF J-PROGにて「affine space」紹介
★Music Term blogにて「affine space」紹介
★ワールドディスクのJAPAN SECTIONにて「affine space」紹介
★ディスクユニオンにて「affine space」紹介
★レビューサイト「Garbology」音楽発掘記にて「affine space」レビュー掲載
★雑誌「CDジャーナル」にて「affine space」レビュー掲載
★海外のウェブショップJazzis Web Shopにて作品レビュー掲載
★雑誌「EURO-ROCK PRESS」Vol.41に「affine space」レビュー掲載
★CDレビューミニコミ誌のROTTERS'PAPERでaffine spaceのレビュー掲載
★朗読版「プロジェクトX-挑戦者たち」NHK出版の作品中に楽曲採用
★「ARTI E MESTIELI」のBeppe Crovellaより作品へ高い評価の言葉を頂く
★「PROGRESSIVE PSYCHEDELIC LOVERS」に「affine space」レビュー掲載

[PR]
# by cichla | 2016-07-06 15:30 | Works
Live
【第Ⅲ期】
2016年10月2日(日)
東京 吉祥寺Silver Elephant
セットリスト
01 Doors(5つの扉)
02 The Ruin
03 空色のゼラニウム
04 三日月湖
05 Puppets(人形と道化師)
06 Frozen Wave
07 IBIS
En Doors(5つの扉) ※再演

2016年7月9日(土)
東京 吉祥寺Silver Elephant
セットリスト
01 The Ruin
02 Frozen Wave
03 Puppets(人形と道化師) ★新曲
04 Doors(5つの扉) ★新曲
05 空色のゼラニウム ★新曲
06 IBIS

【第Ⅱ期】
2012年6月17日(日)
横浜 関内7th Avenue

セットリスト
01 漆黒の空より
02 The Ruin
03 Raplus
04 Strings of tension
05 アルカロイド
06 Close to me
07 IBIS

2012年2月11日(土)
東京 沼袋Sanctuary

セットリスト
01 Strings of tension
02 The Ruin
03 Raplus ★新曲
04 アルカロイド
05 漆黒の空より
06 IBIS
En Close to me

2011年11月12日(土)
横浜 関内7th Avenue

セットリスト
01 The Ruin
02 IBIS ★新曲
03 Strings of tension
04 Close to me
05 アルカロイド
06 漆黒の空より

【第Ⅰ期】
2010年10月13日(水)
東京 吉祥寺Silver Elephant

セットリスト
01 The Ruin
02 漆黒の空より
03 砂漠化
04 Changing Dance
05 Strings of tension
06 アルカロイド
07 Close to me
08 Frozen Wave
En 知覚

2010年8月1日(日)
イタリア トリエステ統一広場

セットリスト
01 Changing dance
02 Strings of tension
03 砂漠化
04 漆黒の空より
05 アルカロイド
06 Close to me
07 Frozen Wave
ライブレポート「イタリア遠征記」
ライブレポート「プログレ今昔物語」

2010年4月11日(日)
東京 吉祥寺Silver Elephant

セットリスト
01 Songs From The Wood 抜粋 ☆カバー
02 Strings of tension
03 漆黒の空より
04 6番目の月 ★新曲
05 アルカロイド
06 Changing dance
07 Close to me
08 The Ruin
09 Frozen Wave

2009年10月18日(日)
横浜 桜木町駅前クロスゲート広場 (野外ワンマン)

セットリスト
1st
01 Strings of tension
02 漆黒の空より
03 知覚
04 三日月湖
05 アルカロイド
06 Frozen Wave
2nd
01 The Ruin
02 Frozen Wave
03 砂漠化
04 Changing Dance
05 Close to me
06 漆黒の空より

2009年2月7日(土)
東京 吉祥寺Silver Elephant

セットリスト
01 アルカロイド
02 The Ruin
03 漆黒の空より
04 Close to me
05 Changing dance
06 Strings of tension
07 Frozen Wave
En 知覚

2008年11月3日(祝)
東京 吉祥寺Silver Elephant
セットリスト
01 The Ruin
02 Strings of tension
03 漆黒の空より
04 Changing dance
05 知覚
06 アルカロイド
07 Frozen Wave

2008年7月21日(祝)
東京 目黒THE LIVE STATION

セットリスト
01 漆黒の空より
02 Strigs of tension
03 Changing dance
04 Close to me
05 The Ruin
06 砂漠化 ★新曲
07 アルカロイド
08 三日月湖
09 Frozen Wave
En 知覚

2008年4月13日(日)
東京 新宿Live Freak

セットリスト
01 Frozen Wave ★新曲
02 Strings of tension
03 The Ruin
04 アルカロイド
05 Changing dance
06 Close to me
07 知覚
08 漆黒の空より

2007年12月30日(日)
東京 秋葉原dress TOKYO
セットリスト
01 知覚
02 The Ruin
03 漆黒の空より ★新曲
04 Changing dance
05 三日月湖
06 Strings of tension
07 アルカロイド

2007年7月22日(日)
東京 目黒THE LIVE STATION
セットリスト
01 Strings of tension
02 The Ruin
03 不思議絵
04 Close to me
05 Changing dance 
06 アルカロイド
07 三日月湖
08 知覚

[PR]
# by cichla | 2016-07-06 15:30 | Live
イタリア遠征記
2010年7月23日、イタリア出発前の最終リハを行った。
最終といっても、前回4月のライブ以来3人揃ってのリハは最初で最後!
超多忙のためなかなか合同練習ができず、頼りになるのは個人の能力のみ。
しかし、やはり3人揃えばお互いの信頼感で難曲を克服
一体感のある演奏にまとまった。

さて、7/26にはいよいよイタリアのトリエステに向け出発!
途中、モスクワで飛行機を乗り換えミラノへ。
ミラノからは列車で約5時間の道のりを経てトリエステへ。
7/30から3日間のイベントの最終日8/1のオープニングが我々の出番になる。
b0174384_13490677.jpg
まだライブ回数10回にも満たないキクラテメンシスが、世界の大物アーティストと同じ舞台でイタリアの大観衆の前にさらされるという、とんでもないアウェイな環境に挑んできます!!さあ、3人心をひとつにして、いざ冒険の旅へ!
b0174384_19172775.jpg

8/27正午、キクラの3人とポセイドン代表増田夫妻、あわせて5人の一行はモスクワ経由ミラノ行の便で成田を出発。合計約14時間のフライトを経てミラノ、マルペンサ空港に到着したのは、時差のため現地時間27日22:00

ミラノのホテルに一泊し、28日は夕方まで自由に観光。
b0174384_19181379.jpg
夕刻よりミラノ中央駅を列車「TRENITALIA」で出発。
約5時間の道のりを経てトリエステに到着。
b0174384_19183863.jpg
b0174384_19272631.jpg
現地スタッフに迎えられ、イベント会場「イタリア統一広場」に面したホテルに到着。
b0174384_19194080.jpg
翌29日は1日中雨に見舞われ、特に夕方からは激しい雷雨。明日からのイベントが心配されるが現地スタッフは落ち着いている。
b0174384_1920095.jpg
イベントの運営委員長はダビデ氏といい、音響、PAのスタッフを動かし、イタリヤ国内のみならず世界のアーティストを招く力を持ったイベンターである。後述するが彼は今年10月に来日し、キクラとジョイントライブをする予定になっているPASSOVER「パスオーバー」というバンドにも在籍している。

アランパーソンズも招いたというピザ、パスタの店に我々を招待してくれた彼は
「大丈夫。心配ない。30日からは晴れるさ。それよりこのライブは照明が凄いぜ!」

7/30イベント初日は好天に恵まれるも、夕暮れからは風が強く肌寒い。
しかし、21:00より大御所「Focus」の白熱した演奏が始まると会場は興奮に呑み込まれ、観客であふれかえった!演奏もステージングも流石の貫禄。
b0174384_19275842.jpg
翌31日夜、フランク・ザッパ亡き後のザッパバンド、オリジナルメンバーによるライブ、凄まじい演奏力!
b0174384_1928415.jpg

いよいよ8/1最終日、スティーブ・ハケット・エレクトリックバンドの前座をつとめなければならない我々は、2つのスーパーバンドを見せ付けられ、「このままではいけない。」と観光気分を切り替える。

ホテルの部屋に集合し、昼から作戦会議。曲順やMCの手順など、少しでも観客を飽きさせない演出を練る。
b0174384_19282587.jpg
18:00 我々の機材が届くが細かい点で手違いが続出。私のドラムセットは3タムの予定が部品が足らず2タムに。シンバルもサイズが違う。

19:00 ハケットバンドの音あわせの後、我々のセッティング、リハーサル。
焦りもあって私は今ひとつ調子が出ない。
考えてみれば日本を発ってから5日間もドラムセットに触れてもいないのだ!

「野口さん、力んでるよ。ゆったりといこう!」とのリーダー国分の言葉に我に返る。
そう、こんな大規模なステージに世界のスターバンドと一緒に立てるだけでいいじゃないか・・・。そう考えたとたんにいつものスイッチが入った。
b0174384_19211039.jpg
20:00 キクラテメンシスのライブ。
スタート時点で既に観客は5000人くらいいたのではないだろうか?
音が出たとたん観客はさらに増え、会場はいっぱいに。
今夜は日曜日の上、メインアクトがスティーブハケットだ。
素晴らしいシチュエーションに恵まれたものだ。
3人それぞれ変に力まず、そして十分はじけた良い演奏が出来たと思う。

観客は日本人の我々にも惜しみない拍手と声援を送ってくれた。
この感動は一生忘れないだろう。

セットリストは以下の通り
1.Changing dance
2.Strings of tension
3.Desertification
4.The thing from black sky
5.ALKALOID
6.Close to me
7.Frozen Wave
オープニングアクトの役割は十分果たせたと思う。
b0174384_19292414.jpg
スティーブ・ハケットバンドのライブは最高に素晴らしく、最高の盛り上がりでイベントは終了した。

楽屋のテント内、ハケット氏は気さくな方で、我々の演奏も聞いてくれていたという。
「よい演奏だったよ。」嬉しいお言葉だった。
b0174384_19294350.jpg
b0174384_19295164.jpg
イベント初日に完璧ともいえるライブを見せ付けてくれたFOCUSのリーダー、テイス・ヴァン・レール氏も我々のライブを見てくれていた!
b0174384_19303323.jpg
8/4に帰国した我々は、ライブを見ていた地元の日本人の方から、地元の新聞のコピーをメールでいただいた。
ほとんどがハケットバンドの記事だが、二段目、中ごろにキクラ・テメンシスの名前も見受けらる。内容は数行だが、以下のようなものになる。
「キクラ・テメンシス。かなり素晴らしい日本人の三人組。特にフルート奏者は素晴らしかった。まさに70年代からやってきたようなプログレを見せてくれた。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
同行いただいたポセイドンプロダクションの方の詳細レポもあります
 ↓

[PR]
# by cichla | 2016-07-06 15:29 | イタリア遠征記


カテゴリ
News
Profile
Youtube
Works
Live
イタリア遠征記
以前の記事